ミレニアル世代に向けた集客とは
経営改革NOTE (ブログ)

ミレニアル世代に向けた集客とは

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

GIコンサルティングパートナーズの赤澤です。

今日は愛知県内でのセミナー講師として呼ばれたので、会場へ向かう電車の中でブログを書いています。

そのセミナーに向けた打ち合わせの際に担当者から

「ミレニアル世代」に向けた集客に悩んでいると相談を受けましたので、その話。

 

あなたは「ミレニアル世代」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉とその意味を知らないと、これからどの事業でも

ビジネスに失敗するかもしれませんよ。

 

ミレニアル世代とは、

1981年~1995年ごろに生まれた世代のことです。

今の年齢でいうと、24歳〜39歳くらいの方達です。

インターネット環境が整ったころに育った最初の世代で、

パソコンよりスマホやタブレットを当然のように駆使するデジタルネイティブと呼ばれています。

 

この層が、日本における主な消費者層となってきています。

「団塊の世代」や「ゆとり世代」など、こうした「○○世代」という言葉が定期的に生まれていますが、

そこには自分とは違う価値観を持った人たちというニュアンスが込められています。

このミレニアル世代という言葉も同様に、今までの価値観を持った人たちの目線によるものなのです。

 

このミレニアル世代の特徴としては、以下の傾向が見受けられます。

 

・スマホ・タブレットを使うのは当たり前

・友人とLINEで繋がる

・FacebookよりもInstagramとTwitter

・自分で食事を作るより、外食を好む

・オンラインで繋がることに抵抗がない

・相談は近い人ではなく、まずネットで情報を得る

・投資に抵抗がなく、リスクの高い投資を選ぶ

・衣料品は、高級よりもファストファッション

・結婚に対して、悲壮感がない

・ブランドより本質を選ぶ、自分らしさを追求

・相手から見えるイメージも気にする

・情報はネットでググるのは当たり前

・リアルな人間関係が苦手

 

 

このような特徴を持った世代に対してビジネスを展開する場合、あなたはどのような手段でマーケティングをすればいいでしょうか?

 

・チラシや新聞折込をやりますか?

・高級路線、ブランドで売り出しますか?

・対面での営業スタイルにこだわりますか?

・ブログで情報発信しない?

 

答えは、分かりきっていると思います。

何が正しくて、何が間違った方法かは、全て

「誰が相手なのか?」の前提によって大きく異なってきます。

、成功したやり方が、今では成功しなくなることは多々あります。

その原因は時代の変化というよりも、「消費者ターゲットの思考の変化」と考える方が正しいのです。

 

これからの事業戦略は、この「ミレニアル世代」をターゲットにして

見直しをするタイミングに来ているのかもしれませんね。

 

 

<<下記、弊社より無料セミナーのご案内です。>>

 2019年3月19日(火)13:00~15:30

「AI(人工知能)ツール”を用いた最新SEO対策セミナー」

 場所:アットビジネスセンター東京駅202号

    〒104-0031 東京都中央区京橋1-11-2 八重洲MIDビル

 人数:先着順・限定25名(残数5席)

 

http://www.gicp.co.jp/seminar_2017seo.html

 

・SEO対策をこれから始める方

・コアアップデートで順位が下がった方

・最新のSEO対策を学びたい方

・売上アップに悩んでいる経営者の方 等々

また、セミナーとは別に個別相談をご希望の方は、以下よりご連絡頂きましたら

日時場所をご調整させて頂きますので、ご活用ください。

 

【無料個別相談 ※SEO無料診断付き】

ご希望の方はお問い合わせフォーム、もしくは以下よりご連絡くださいませ。

<<お問い合わせはこちら>>

 ※「無料個別相談の件」とお伝えくださいませ

 

NOTE記事一覧へもどる
赤澤塾
ページのトップへ