経営改革NOTE (ブログ)

MEOとは/MEO対策とは

Pocket
LINEで送る

MEOとは/MEO対策とは

MEOを利用した消費者

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略で、Googleマップ上での拠点情報の最適化を図ることを言い、マップ検索エンジン最適化と訳すこともあります。 一般的には、Googleマップの地図内で検索されたときに、その検索順位の上位化を図ることを指し、その対策を「MEO対策」と言います。

昨今、これら「MEO」「MEO対策」という言葉を耳にすることが多くなりましたが、「詳細についてはよく知らない」という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、MEO対策の概要、MEO対策のメリット、やり方などについてご紹介します。

MEO対策は、店舗や来客を伴う拠点を持つビジネスにとって、売上を上げていくために大切な要素となりますので、ぜひ参考にしてください。

MEO(マップ検索エンジン最適化)の概要

MEO対策で集客した女性

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略です。

WEB上の地図でユーザーが何かを検索したときに、自社の店舗やオフィスなどの施設を、上位に表示させたりすることを言います。 一般的には利用者の多いGoogle Mapの検索エンジンで、検索順位の上位化を図ることを指します。 Yahoo!やAppleなどが提供している地図もありますが、Google検索エンジンの利用者は日本国内では約7割で、その検索結果に地図が表示されることもあるためです。

Googleマップ上の自社の拠点情報を管理するため、対策をする際には、事前にGoogleマイビジネスに登録する必要があります。 そして、Googleマイビジネス登録された自社情報を、Google Mapで上位表示されるように施策を行っていくことを「MEO対策」と言います。

MEOとSEOの違い

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン最適化と訳されます。 Googleの検索エンジンで検索すると、様々な検索結果が表示されますが、この検索結果の上位化を図ることをSEO対策と言います。

SEOは、あらゆる検索キーワードが対象となりますが、MEOは、店舗や施設などの拠点をGoogleマップで検索する時のキーワードが対象となります。

あらゆるキーワードが対象のSEOに対し、MEOでは「〇〇(地域名)× キーワード」といったローカルワードにフォーカスして対策を行っていきます。

MEO対策とSEO対策の違い

MEO対策 Googleマイビジネスに自社情報を登録して行う。
Googleマップ上での検索されたときの上位化を図る。
SEO対策 Webサイトを立ち上げ、Googleにページが読み込まれる(インデックス)ようにする。
検索エンジンで検索されたときの上位化を図る。

地域ビジネスや、店舗型ビジネス、拠点に来客を伴うビジネスでは、MEO対策は必須です。
Googleの検索エンジンで地域名を入れた検索をすると、Google Mapが表示されますが、実は、SEO対策よりもMEO対策を行うほうが効率的です。

SEO対策では、上位表示を獲得するために、いくつもの質の高いコンテンツの作成・分析・修正などを行わなければなりません。

SEO対策では、(業者にもよりますが)様々な施策を行うことで、数十万円から数百万円という費用がかかることもあります。

一方で、MEO対策にかかる費用は、外注した場合は月額数万円程度で設定している業者が多く存在します。

そのため、SEO対策に比べ費用面での負担も少なくなっています。

「実店舗を経営している」
「広告・宣伝費にかける予算があまりない」

上記のケースに該当する方の場合、MEO対策の導入を検討してみてください。

MEO対策の必要性が高まっている背景

MEO対策が必要とされるようになった背景として、以下のようなものがあります。

  • スマートフォン(以下スマホ)を使用するユーザーの増加
  • ポータルサイトの費用対効果の悪化

スマートフォンユーザーの増加

内閣府の「消費動向調査」によれば、日本人のスマートフォンの世帯別普及率は2015年に50.8%だったのが、2020年には77.6%に増加しています。

普及率の増加に伴って、外出先で検索行動を行うユーザー、レストラン・クリニックなどをローカルキーワードでスマホから探すユーザーの割合も増えました。

先述のようにローカルキーワードで検索を行った場合、Googleマイビジネスに情報を登録してMEO対策を行っている店舗が上位に表示される傾向があるため、MEO対策を行っている企業ほど、有利に集客をすることが可能です。

スマホとGoogle Mapの相性がいい理由として、次の要素があります。

  • 位置情報の取得で店舗までの経路を表示してくれる
  • 店舗へ直接、予約ができる
  • クーポンなどを発行して、そのまま利用できる

結果、スマホから店舗検索を行ったユーザーは電話やお問合せフォームの送信などのCV(コンバージョン)率が高い傾向にあります。

ポータルサイトの費用対効果の悪化

近年、「食べログ」などのポータルサイトに店舗情報を掲載する集客方法は、費用対効果が悪化していると言われています。

ポータルサイトの利用が、多くの店舗経営者にとって悩みの種になっている理由として、次のようなものが挙げられます。

  • 掲載料が高騰している
  • 競合店舗も同時に掲載される

ポータルサイトへの掲載費は年々上昇しており、ポータルサイト内で優先的に上位表示を獲得するためには、さらに追加で広告料が発生します。

そして、上位表示にかかる掲載料は月額数万円から、プランによっては10万円以上かかってしまうケースもあるのです。

これは、実店舗型のスモールビジネスを行っている方ほど、痛い出費となってしまうのではないでしょうか。

店舗経営者にとっては、「競合が同時に掲載される」という点も見過ごせません。

掲載料を支払って載せたにもかかわらず、自社と競合他社との値段・提供サービスなどの比較検討が、ポータルサイト上でユーザーに行われてしまうのです。

一方で、Google Mapに表示されるリストなら、ユーザーはまず立地条件などから店舗をチェックしますので、ポータルサイトほどの比較検討を行う確率は低くなります。

これは、決して「ポータルサイトに登録することは意味がない」ということではありません。
しかし、ポータルサイトへの登録のみでコストパフォーマンスの高い集客効果を出すことが難しくなっているのは事実です。

そのため、まずはコストが比較的低いMEO対策を優先して行っていくほうが、利益につながりやすいのではないでしょうか。

MEO対策のメリットと注意しておきたい点

次に、MEO対策のメリットと、MEO対策を行ううえで注意しておきたい点をご紹介します。

MEO対策のメリット

MEOを行うメリットの代表的な例としては、次の通りです。

  • SEO対策をしたサイトよりも上位表示されやすく、コストパフォーマンスが高い
  • アクティブユーザーを集客できる
  • 競合が少ない
  • 売上が上がる

MEO対策はローカルキーワードからの流入を狙うのであれば、MEO対策はSEO対策よりも費用対効果が高い傾向にあります。

「東京 ラーメン」など、ローカルな検索を行うユーザーは、利用することを前提で優良な店舗を探している可能性が高くなっています。

そういったユーザーの目に優先的に店舗情報が触れれば、新規顧客の獲得率も高まるのではないでしょうか。

また、MEO対策で上位表示を獲得するために争うことになる競合相手は、自社の店舗があるエリアに存在する同業の店舗のみです。

店舗を出店しているエリアでは同業他社が少ないという場合は、MEO対策を行うことで、抜きん出て集客を行える可能性も高まります。

「実店舗はまだないが、出店予定である」

そんな方はぜひ、MEO対策を行うことを前提として、できるだけ競合相手が少ないエリアを選定しましょう。

また、スマホから店舗検索を行ったユーザーは電話やお問合せフォームの送信などのCV(コンバージョン)率が高いことを述べました。

つまり、MEO対策ができている店舗と、出来てない店舗では、お問い合わせの数がまったく違ってくるわけです。

結果として、売上が変わってきます。MEO対策が出来ているかどうかで、店舗の売上を左右するのです。

MEO対策で注意しておきたいこと

主にMEO対策を行ううえで注意しておきたいのは、次のような点です。

  • Googleのガイドラインについて理解しておく
  • 順位改善に時間を要するケースもある
  • 悪い口コミを書かれてしまう場合もある

MEO対策にはGoogleマイビジネスへの登録が必要ということはすでに紹介いたしました。
このGoogleマイビジネスには規約があり、MEO対策を行った際に、Googleが定めたガイドラインを逸脱してしまうと、アカウントが削除される恐れがあります。

しっかりと予算をかけてMEO対策を行ったつもりでも、急に「検索結果に表示されなくなる」という事態にも発展しかねません。
MEO対策を行うのであれば、Googleのガイドラインに関して事前に把握しておきましょう。

MEO対策をしっかり行えば、早ければ1ヶ月ほどで上位表示も可能です。
しかし、場合によっては半年以上の時間を要するケースもあることも、考慮に入れておく必要があります。

また、MEO対策を行うとユーザー側が店舗への口コミを投稿することが可能になります。
書かれる口コミがプラス評価の物であれば良いのですが、悪い口コミですと店舗のマイナスイメージに繋がって集客率の低下を招きかねません。
それを避けるためにも、事前に提供サービス・接客面でのスタッフに対する教育をしっかり行っておきましょう。

MEO対策のやり方

MEO対策

MEO対策を始めるには、Googleマイビジネスに登録する必要があることはすでに説明しましたが、上位表示を獲得するためには主に次のような施策を行います。

  • Googleマイビジネス内の情報を充実させる
  • Googleマイビジネスへの良い口コミを増やす

Googleマイビジネスの自社情報は、登録した段階では充実しておらず、検索エンジンからも評価されません。

そのため、Googleマイビジネスにある「リスティングの完成」という項目に、店舗の所在地・写真・問い合わせ先といった情報を盛り込んでいきましょう。

それが終われば、次はユーザーからの口コミを集める必要があります。

良い口コミが多いほど、検索エンジンからの評価も上がるため上位表示の確率も高まり、店舗情報を見たユーザーの判断材料になるという、プラスのサイクルが生まれます。

「口コミを投稿してくれた人に対する割引などのキャンペーンを行う」
「投稿された口コミに対しこまめに返信して、誠実な印象を与える」

上記のような方法を取れば、ユーザーに対し、自発的な口コミへの投稿を促すことも可能です。

しかし、最後にはサービスの質が物を言いますので、ユーザーに対して価値のある物を届けるという意識を忘れないようにしてください。
悪い口コミがついてしまった場合でも、そこにはサービス改善のヒントがあると思い、迅速かつ丁寧に対応しましょう。

MEO対策が向いているビジネスモデルは?

MEO対策が有効な職種としては、次の通りです。

  • 美容業界…美容室・エステサロン・ネイルサロン・など
  • 医療機関…総合病院・内科・外科・などの専門クリニック
  • 飲食店…レストラン・居酒屋・Bar・など
  • 宿泊施設…ビジネスホテル・旅館・温泉施設・など
  • 士業事務所…弁護士・税理士・行政書士・など
  • スポーツジム…フィットネスジム・パーソナルトレーニングジム・ヨガ教室
  • 住宅関連…工務店・ハウスメーカー・リフォーム・など
  • 教育関連…英会話教室・専門学校・学習塾・など
  • 店舗関連…商店・小売店・ショッピングセンター・など

総じて、MEO対策は実店舗・事務所を構えるビジネス全般と相性が良いと言えます。

前述のようにMEO対策は低コストで始められ、規模の大きさもあまり関係がありません(もちろん資本がある方が良い条件の場所に出店はできますが)。

反対に、実店舗を持っていたとしても、Googleで検索した際にGoogle Mapの枠が表示されない対策キーワードのビジネスは、MEO対策とは相性が悪いと言えます。

BtoB型のビジネスなども、サービスの質や値段が判断基準とされることが多いため、地域性にフォーカスしたMEO対策には向いていないのです。

MEO対策で失敗しやすいポイント

MEO対策を行う際は、Googleマイビジネスに掲載する情報の表記揺れに気をつけましょう。

「アルファベット表記orカタカナ表記」「アラビア数字or漢数字」など、掲載する場所により表記が変わらないよう、予めフォーマットを用意しておくと失敗を防げます。

また、マイビジネスに登録する「ビジネス名」に関しても要注意です。

ビジネス名にはキャッチコピーや謳い文句などは入れては駄目で、すでに継続的に使用している物と同様の、正式なビジネス名称を記載するよう定められています。

まとめ

MEO対策は、GoogleMapを使った店舗検索を行うユーザーが増えている背景を踏まえると、今後ますます必要性が高まっていくことが予想されます。

MEO対策は自社で行うことも考えられますが、適切な集客効果をあげるためには、やはりMEO対策のプロに相談するのが一番の近道でしょう。ぜひ検討してみてください。

NOTE記事一覧へもどる
2020年 最新SEO対策 実践セミナー
ページのトップへ