経営改革NOTE (ブログ)

MEO対策が重要な業種とは?

Pocket
LINEで送る

MEO対策が重要な業種とは?

Googleマップ上の検索結果で、上位獲得をするための施策である「MEO(マップ検索エンジン最適化)対策」。
スマートフォンユーザーの増加とともに需要の高まったMEO対策は、適切に運用すれば集客効果を高めることができます。

本稿では、そんなMEO対策を行うべき業種について解説します。
本記事を読むことで、MEO対策を導入するべき理由や運用上の注意点を理解できます。

コロナ禍を受け、集客の面でお悩みの事業者の方はぜひ参考にしてください。

MEO対策が必要な業種

店舗集客の要となるMEOとは?

MEO対策とは、Googleマップ経由でのユーザーの流入を増やすための施策です。
検索エンジンを対象としてWEBページ経由でのユーザー獲得を目指す「SEO(Search Engine Optimization)対策」とは異なります。

多くの店舗型のビジネスと相性の良いMEO対策ですが、その理由とMEO対策を行う上での注意点について以下の項目より解説します。

多くの店舗がMEO対策を行うべき理由

MEOが活きる業種

近年、日本におけるスマートフォンユーザーの数は増加しています。
それによりユーザーが「キーワード+地名」で飲食店などを探すローカル検索も増え、Googleマップに掲載された店舗情報や経路機能などを活用し、そのままヒットした店舗に訪れるケースが多くなっているのです。

そのため、「飲食店」「美容室」「クリニック」など、オフラインでのビジネスを行っている業種とは相性がいいのが、MEO対策です。

MEO対策では、WEBページの改修を伴うこともあるSEO対策とは異なり、初期費用がかからず、うまくはまれば一か月前後の短期間で集客効果を出すことができます。

参入障壁が低く、ランニングコストも低価格で済みますので、とくに中小企業や店舗ビジネスでは対策すべき価値があると言えます。

MEO対策の注意点

MEO対策を行うにあたって注意しなければならないのは、Googleマイビジネス上に付けられる低評価コメントです。

Googleマイビジネスにある店舗ページには基本的に全ユーザーが自由にコメントを付けることが可能です。
そのため、良い口コミを獲得できれば自社のイメージアップを図れます。

しかし、低評価コメントがついてしまった場合、それが他のユーザーにも可視化されてしまい、本来獲得できていたはずのユーザーまで、取りこぼしてしまう可能性があるのです。

さらには、悪意を持った第三者が恣意的に批判的なコメントをする可能性もあります。
「なんとなく嫌がらせをしたかった」「競合企業の評価を下げたかった」などの理由から、自社の店舗に対して低評価コメントが寄せられるケースも想定しておかなければいけません。

そのような場合にはGoogleに対し、申請を行えば悪質なコメントを削除してくれる場合もありますので、MEO対策を行う際には頭に入れておきましょう。

MEO対策メリットデメリットについては、以下の記事でもより詳しく解説していますのでぜひお役立てください。

MEO対策のメリット・デメリットについて紹介

MEO対策が重要な業種

MEO対策は「店舗型のビジネスを行っている」、「ユーザーがGoogleマップを使って訪れる可能性がある」、「地域密着型のビジネスモデル」の場合、より重要になります。

MEO対策が向いている業種の特徴としては以下の通りです。

<MEO対策が向いている業種の特徴>
  • 実店舗ビジネスを行っている
  • エリア名と一緒に検索されやすいキーワードの業種
  • 地域密着型で対象とするエリアが狭い
  • リスティング広告やSEO対策にかける予算がない
  • 見込み客がスマートフォンの使用率が高い
  • B to C向けのビジネス

上記のいずれかに当てはまる企業は、MEO対策による恩恵を得られる可能性が十分にあります。
以下にいくつかの具体例を挙げてご紹介します。

飲食店

MEOが必要な業種

Googleマップと聞いて、思い浮かべられることも多いのが「レストラン」「居酒屋」「Bar」などの飲食店ではないでしょうか。
地域住民や観光客などは、スマートフォンで食べたい料理などのキーワードを入力し、そのまま地図検索を行うケースも多々ありますので、MEOとは相性がいいと言えます。

飲食店には「食べログ」などの専用のポータルサイトも多くありますが、予算的な都合から、それらを利用するのは厳しいと言う企業も多々存在するのが現実です。

また、ホームページを作成してSEO対策を行い、WEBコンテンツ経由でのユーザーの流入を図ろうと思ったとしても、食べ物関連のキーワードは検索順位の上位をポータルサイトのページが占めていますので、流入させるのが簡単ではありません。

そのため、MEO対策を行い、ポータルサイトへの依存度を低くすれば、Googleマップからの集客の増加を望めるだけでなく、ポータルサイトで利用料を支払っていれば、解約して利用手数料を削減することも視野に入るのではないでしょうか。

美容院・サロン

「美容室」「エステサロン」「ネイルサロン」などの美容業界も、飲食業界と似たところがあり、MEO対策が向いている業種のひとつです。
美容業界にも「ホットペッパービューティー」のようなポータルサイトが増えてきており、SEO対策でこれらの上位に表示させるのは不可能ではありませんが、簡単ではありません。

美容室などを利用するユーザーは、料金以外にもアクセスのしやすさなどの立地条件を気にしているケースがあります。
そのため、ユーザーに対して、自店舗の位置情報を指し示すことができるGoogleマップを使ったマーケティングは相性が良いと言えます。

また、Googleマイビジネスには「投稿」という機能があるので、期間限定のキャンペーンやクーポンリンクの発行を行いたいと考えた際に、そういった情報を投稿してMEO施策のひとつに組み込めます。

病院・クリニック

MEO対策に効果がある業種

診療所やクリニックなどの医療機関もMEO対策がマッチする業種です。
カバーできるキーワードは「地域名+診療科目」「地域名+症状」「地域名+診療目的」などの、地域名プラス診療関係のキーワードです。

不動産関係

「工務店」「ハウスメーカー」「リフォーム業者」などの住宅関係の業者もMEO対策を導入するメリットが大いにある業種です。
Google検索エンジンのアルゴリズムでは「工務店」、「不動産」などを入力すると現在地から近い会社が表示されます。

不動産取引は、動かす金額も大きくなるため、ユーザーも利用する会社を慎重に比較検討します。
そのため、飲食店のようにGoogleマップに近くの不動産業者が表示されたとしても、即決する可能性は低いでしょう。
しかし、Googleマイビジネスで上位に表示されていれば、初めに相談に訪れる確率が高まりますし、良い評価がついていれば競合他社を押しのけて、ユーザーが自社を選ぶ動機の後押しにはなります。

その他MEO対策が向いた業種一覧

ご紹介した業態以外にも、MEO対策は実店舗に顧客を集める形態のビジネスモデル前半と相性が良いと言えます。
その他のMEO対策が向いた業種の例としては以下の通りです。

<その他のMEO対策が向いた業種一覧>
  • 宿泊施設…ビジネスホテル・旅館・温泉施設など
  • 士業事務所…弁護士・税理士・行政書士など
  • スポーツジム…フィットネスジム・パーソナルトレーニングジム・ヨガ教室など
  • 教育関連…英会話教室・専門学校・学習塾など
  • 店舗関連…商店・小売店・ショッピングセンターなど

MEO対策が向いていない業種

MEO対策に向いた業者を紹介しましたが、逆にグーグルマップを使った集客方法が向かない業種の特徴についてご紹介します。

以下のような特徴を持つ業者MEO対策による恩恵はあまり得ることができません。

  • 業種や商品・サービス名で検索してもGoogleマップにその結果が表示されないケース
  • 実店舗を持たないケース

以下より、順番にご説明します。

業種や商品・サービス名で検索してもGoogleマップにその結果が表示されないケース

 

自社に関わるキーワードが、Googleの検索結果のパネル上に表示されない業種は、MEO対策を行なっても十分の集客効果は得られない可能性があります。

たとえ検索エンジン上で自社に関わるキーワードのパネル表示されなくても、マイビジネス上のコンテンツを充実させれば、Googleマップ上での集客には繋がります。

しかし、MEO対策をするための最大の狙いは、対策キーワードで上位3位以内に入り、検索結果上のパネルに自社のコンテンツを表示させ、ユーザーからの視認性を高める点にあります。

そのため、検索エンジン上のパネルに表示されないキーワードの業種は、MEOとあまり相性がよくないのです。

しかし、今後のGoogleのアップデート次第では、現時点では効果が望めないキーワードでもMEO対策を行う価値が出てくるかもしれません。

実店舗を持たない業種

事務所などは抱えているものの、オンラインでのビジネスがメインの業種もMEO対策とは相性があまり良くありません。
MEO対策の目的は「OtoO」の、オンラインからオフラインへの集客による売上増だからです。

現在、実店舗ビジネスを行っていない企業の場合は、オフラインビジネスを始める際にMEO対策を検討しましょう。

MEO対策のやり方

MEO対策の仕方

MEO対策はGoogleマイビジネスに自社情報を登録し、オーナー権限を獲得すれば始めることができます。

Googleマップ上で、第三者などによって既に自社のアカウントが作成されていた場合は、オーナー権限のみを申請し、自社の住所・連絡先・店舗の写真掲載などを終わらせれば、MEO対策の準備は整います。

なお、MEO対策の具体的な実施方法については以下の記事でより詳しく掘り下げていますので、ぜひ参考にしてください。

MEO対策ってどうやるの?|具体的な方法について紹介

MEO対策で効果を出すためのポイント

ここからは、MEO対策の集客効果を加速させるための方法について紹介します。Googleマイビジネス上の情報が充実したら、以下のような施策を行いましょう。

<MEO対策の効果を上昇させるための方法>
  • 投稿機能の活用
  • 口コミへの返信
  • インドアビューの実装
  • 魅力的な写真の掲載

投稿機能とは、Googleマイビジネスに元から備わっているシステムで自社のイベントや商品に関する情報を、検索結果ページに掲載できます。
投稿機能では、掲載できる期間が決まっていることから、割引キャンペーンや新商品の告知などと相性が良いのが特徴です。

また、MEO対策では良い口コミを獲得する必要があるとご説明しましたが、ユーザーが投稿した口コミに対し、自社からの返信を行えば「返信を受けたユーザーのリピート率の上昇」「他ユーザーからの好感度の上昇」などのメリットを受けられる可能性があります。

さらに、Googleマイビジネス上には自社の店舗や商品の写真を掲載しますが、この際に掲載する写真はより自社の魅力が伝わるような写真にしましょう。
プロに依頼したとしても、撮影数がそれほど多くならなければ、数万円程度の支出で済みます。

予算に余裕がある場合は、360°のパノラマ写真を使ったインドアビューを実装すれば、店舗の詳細が伝わりますのでぜひ検討してください。

MEO対策会社への依頼も検討する

以上のように、MEO対策は参入障壁こそ低いものの、集客効果を出すためには検討すべき事柄が多々あります。
店舗型のビジネスを行いながら、これらの施策を打ち、効果検証まで行うにはリソースが足りないと言う方も多いのではないでしょうか。

そういった場合はMEO対策会社、SEO対策会社へ依頼することも検討しましょう。
SEOの専門家であれば、独自のノウハウを持っていますので自社で行うよりも短期間で効果を出せる可能性があります。
代行費用は、月々数万円程度とリーズナブルな価格で済みます。

まとめ

本稿では、MEO対策が向いている業種について紹介してきました。
MEO対策は、店舗型ビジネスを行う業種全般と相性が良く、参入障壁が低いため小規模な会社でも積極的に導入可能です。

ただし、対策にはノウハウやコツがありますので、「ITに関する知識がない」「自社のリソースが足りていない」などの場合は、専門家への依頼も検討しましょう。

 

<その他のMEO対策のコンテンツはこちら>

MEO対策とは何か? MEOのすべてを解説

MEOとは/MEO対策とは

MEO対策とSEO対策の違いとは?|費用の違いなどを解説

MEO対策ってどうやるの?|具体的な方法について紹介

MEO対策のメリット・デメリットについて紹介

MEO対策の料金っていくら?料金相場・料金比較などを紹介

Googleマップで集客対策ができること知っていますか?

MEO対策って自分でできる?役立つツールなどを紹介

MEO対策業者を選ぶ方法についてご紹介|MEOの特性や見るべきポイントなど

本を読んだだけでは分からないMEO対策とは?

NOTE記事一覧へもどる
2020年 最新SEO対策 実践セミナー
ページのトップへ