経営改革NOTE (ブログ)

MEO対策業者を選ぶ方法についてご紹介|MEOの特性や見るべきポイントなど

Pocket
LINEで送る

MEO対策業者を選ぶ方法についてご紹介|MEOの特性や見るべきポイントなど

「店舗ビジネスで更に集客をするため、MEO対策を検討しているがやり方がわからない」

MEO対策は適切に行えば、自社の売上を伸ばせます。
しかし、比較的新しい施策であるために、ノウハウがわからず苦労されている事業者の方も多いのではないでしょうか。

MEO対策で確実に成果を出すためには、専門家に任せてしまうのも選択肢のひとつです。
今回の記事では、MEO対策業者を選ぶための方法について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

MEO対策を依頼する女性

MEO対策の概要を紹介

以下の項目からは、MEO対策の概要や向いている業種について紹介します。
自社でMEOを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

  

MEO対策とは?

MEO対策とは「Map Engine Optimization」の略で、Googleマップ検索最適化を指します。
近年、スマートフォンユーザーが増加していることに伴い、Googleマップ上での検索行動の回数も増え、「キーワード+地名」のローカル検索に対し対策を行えば集客増を望めることから、MEOは生まれました。

MEO対策を行い、狙ったキーワードで自社のコンテンツが上位3位以内に入ると、Googleマップ上だけでなく検索結果のトップページにも掲載されます。

MEO対策のメリット

前述のようにMEO対策は、Webページなどのコンテンツを作成する必要がなく、非常に少ない初期費用でスタートできる集客方法です。
そのため予算の少ない小規模なビジネスであっても、実店舗所有していればMEO対策を行う価値は十分にあると言えます。

また、集客効果が出始めるまで半年から1年かかるSEOとは違い、MEOであれば一か月前後の短期間で売上を伸ばせる可能性がある点が魅力です。

MEO対策のデメリット

反対に、MEO対策のデメリットとしては、悪い口コミが自社の店舗情報に書かれてしまうというヨウ素が懸念されます。

Googleマップ上にある店舗情報には、すべてのユーザーが口コミを書き込みと閲覧ができます。
そのため、口コミだけでなくクレームなどの批判的なコメントも、他のユーザーの目にさらされる可能性があるのです。

また、悪意を持ったユーザーがわざと低評価コメントをつけることも可能ですので、その点がグーグルマップを使ったマーケティングのリスキーな点となります。

MEO対策のやり方とは?

MEO対策を始めるためには、すでに店舗ビジネスを運営している企業の場合、Googleマイビジネスへの登録のみで大丈夫です。

Googleマイビジネス2人者アカウントを作成するとGoogleマップ常に店舗情報が掲載されますので、オーナー権限を取得し、自社の連絡先・住所・写真などを記載しましょう。

MEO対策を専門家に依頼するべき理由

MEO業者との打ち合わせ

ノウハウのない状態でMEO対策を行おうと考えた場合、効果的な施策を出せるまでに多くの勉強やトライアンドエラーに多くの時間を費やすことになるでしょう。
その間、本来の業務を並行して行わなければならないため、最悪MEO対策に時間を取られた本業が疎かになってしまう可能性も考えられます。

初めからMEO対策の専門家に依頼すれば、自社の人員は店舗での仕事に集中できますので、より生産的に売上を伸ばせると言えるのではないでしょうか。

MEO対策で効果を出すためには、魅力的な写真の掲載や口コミの収集が必要になってきます。
MEO対策の専門家なら、これらの施策に必要な知識やツールの使い方などを熟知していますので、自社でいつからMEO対策を実施するよりも確実に成果が出せるのです。

MEO対策の専門業者に依頼したとしても、ポータルサイトやWEB広告などに必要な費用よりも安価で依頼できます。
そのため、リソースに余裕がないという悩みを抱えた中小規模の事業者程、MEO対策を専門家に依頼する恩恵が大きいと言えます。

MEO対策業者を選ぶ際の4つのポイント

ここからは実際にMEO対策業者を選ぶためのポイントについて、4つに分けてご紹介します。
MEO対策を専門家に依頼する場合に、対策を専門家に依頼する場合に意識するべきことは次の通りです。

  • 上位表示の実績を公開しているかどうか
  • 独自ツールを使用しているかどうか
  • 契約期間の長さ
  • MEO対策の効果測定の方法

上位表示の実績を公開しているかどうか

MEO実績の公開

MEO対策企業を選ぶ際に、まず見るべきポイントは「どれくらいの表示の実績があるかどうか」です。
MEO対策では、ユーザーの流入率を高めるために、対策キーワードで上位3位以内に入る必要があります。

Googleマイビジネスに登録した自社のコンテンツが検索上位を獲得すれば、Googleマップ上だけでなく検索結果のパネル部分に自社情報を露出できます。
つまり、3位と4位ではアプローチできるユーザーの幅が大きく変わるのです。

そのため、MEO対策を依頼する場合も、なるべく高い確率で自社のコンテンツを上位表示してくれる企業に依頼するべきなので、専門業者を比較検討する際にホームページなどで実績を公開しているかどうかを事前にチェックしましょう。

独自のツールを導入しているかどうか

MEO対策業者に依頼するにあたって、MEOの効果測定をするための独自ツールを導入しているかどうかも、重要なチェックポイントです。

MEO対策ツールでは、SEO対策ツールとは違い、順位やユーザーのインサイトデータを分析するために、膨大なグーグルマイビジネスアカウントのデータを保有している必要があります。
MEO対策では、保有しているデータ量の少ない無料のツールがあまり役に立たないのです。

そのため、MEO対策で分析チェックツールを導入し、毎日のデータ解析はより高い精度で行えている企業ほど、より的確なMEOを施策を打ち出すことができます。
以上の理由から、MEO対策を依頼する企業を選ぶ際には、どのようなツールを導入しているのかどうかも確認しましょう。
独自のチェックツールを所有するためにはGoogleのAPIを利用する必要があります。
そのためには、Googleマイビジネスのアカウントを数百以上持っていることが条件となりますので、独自チェックツールの有無を実績のひとつとして捉えることも可能です。

自社でもMEO対策ツールを使いたいとお考えの場合は、以下の記事でMEO対策のツールに関してより詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

MEO対策って自分でできる?役立つツールなどを紹介

 

契約期間の長さ

MEO対策の専門業者は、一般的に半年から1年間で契約プランを用意しているのが一般的です。
MEO対策は、施策を実施してすぐに効果がでない場合もあります。
店舗があるエリアの競合の数や対策キーワードの検索数などによっては、集客効果が出るまでに数ヶ月かかるケースもあるのです。

しかしながら、契約期間が長すぎても無駄な支出が増えてしまいますので、MEO対策業者に依頼する際には、短すぎず長すぎない適切な契約期間かどうかもチェックすると、無駄な支出をする必要がありません。

MEO対策の効果測定の方法

MEOでは、ユーザーが検索行動を行ったエリアやキーワードによって、検索結果上に表示される上位コンテンツも変動します。
そのため、業者側から「上位表示を獲得している」と言われ安心したとしても、自社がカバーしたいエリアやキーワードで上位3位以内を獲得できていない可能性もあるのです。

そのため、MEO対策を専門家に依頼する際には「効果測定の判定基準や方法」などについて、事前にすり合わせをし、適切なノウハウを持っている専門家に依頼するようにしましょう。

悪質なMEO対策業者かどうかを見分ける2つのポイント

MEO業者との契約

MEO対策業者には、利用者から契約料金を得ることを優先的に考える悪質な企業も少なからず存在します。
悪質な企業かどうかを見極めるためのポイントとしては、次のようになります。

  • Googleマイビジネスのガイドラインに準拠していない
  • 提示してくる費用が不適切

Googleマイビジネスのガイドラインに準拠していない

MEOにおいて口コミは非常に重要な存在です。
しかしながら「高評価の口コミを掲載します」と提案してくる業者に関しては、気をつけなければいけません。

なぜなら、宣伝目的で恣意的な高評価の口コミをGoogleマイビジネス上のコンテンツに書き込むことは、Googleの規約違反であり、最悪アカウント停止に陥る可能性もあります。

また、自社の店名を勝手に変えようとしてくる企業に対しても、同様の理由から注意する必要があります。

Googleマイビジネス上に表示する自社の情報は正式なものでなければならず、検索上位を獲得するために、意図的に検索キーワードなどを社名に盛り込んだりすれば、Google側から修正されることになります。

上記のような提案をしてくる企業は、Googleのガイドラインについて明るくない可能性があります。
その場合は「Googleの規約について知識を有しているかどうか」を確認する、もしくは契約を取り止めて、別企業にMEO対策を依頼するのが賢明です。

提示してくる費用が不適切

MEO対策にかかる初期費用は、基本的には無料で、発生したとしてもGoogleマイビジネスに掲載する写真の撮影料数万円程度です。
ほとんどのMEO対策専門企業が「月額固定報酬型」で初期費用とらない料金体系となっています。

そのため、契約初期段階で高額な報酬の支払いを設定している企業は、悪質な業者である可能性があります。

また、検索結果3位以内に表示された回数によって料金が発生する「成果報酬型」を設定している企業にMEO対策を依頼する場合も、注意が必要です。

Googleマップの検索結果は、ユーザーが検索をした場所によって変わります。
自社の店舗を中心とした狭いエリアで順位を計測するほど、上位表示される確率が上がるのです。

業者によっては、比較的簡単な条件で計測を行い「上位表示を達成した」として、報酬を請求されるケースもありますので、MEO対策の効果測定の方法については、事前に確認を取っておきましょう。

MEO対策の専門家に依頼した場合の料金相場

すでにご説明した通り、MEO対策では初期費用がほとんどかかりません。
そのため、専門家にMEO対策を依頼したとしても、支払う報酬はSEO対策やリスティング広告など、他のWEBマーケティングの手段に比べ安価に抑えられるケースが多いのです。

MEO対策の料金体系は「成果報酬型」「月額固定費用型」の2種類があり、半年間MEO対策を依頼した場合のそれぞれの相場感は、次のようになるのが一般的です。

半年間MEO対策を依頼した場合の料金相場

  • 成果報酬型…3万円/月×6ヶ月=18万円前後
  • 月額費用型…2〜5万円/月×6ヶ月=12〜30万円

上記の金額に加え、画像の投稿数や独自ツールの使用の有無などによって、料金が変わる企業もありますので、事前に確認をしておきましょう。

MEO対策の料金相場については、以下の記事でもより詳しく解説していますので是非参照してください

MEO対策の料金っていくら?料金相場・料金比較などを紹介

まとめ

MEO対策で目を引くスマホ

以上MEO対策業者の選び方についてご紹介してきました。
MEO対策の専門家を見極めるポイントは「上位表示の実績があるかどうか」「独自ツールを導入しているかどうか」「契約期間の長さ」「効果測定の方法」などです。

また、MEO対策業者の中には利用者から不当に報酬を得ようとする、悪質な業者も存在しますので「Googleのガイドラインに違反していないかどうか」「提示している報酬は適切なものか」などを事前にチェックしましょう。

MEO対策は参入障壁が低く、自社のリソースだけで行うこと検討している方もいらっしゃると思います。

しかし、やはり適切な集客効果を上げるためには専門家に任せた方が確実です。
その他のWEBマーケティングに比べると、MEO対策を比較的安価な値段で外注できますので、ぜひ企業への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

 

<その他のMEO対策のコンテンツはこちら>

MEO対策とは何か? MEOのすべてを解説

MEOとは/MEO対策とは

MEO対策とSEO対策の違いとは?|費用の違いなどを解説

MEO対策ってどうやるの?|具体的な方法について紹介

MEO対策のメリット・デメリットについて紹介

MEO対策が重要な業種とは?

MEO対策の料金っていくら?料金相場・料金比較などを紹介

Googleマップで集客対策ができること知っていますか?

MEO対策って自分でできる?役立つツールなどを紹介

本を読んだだけでは分からないMEO対策とは?

NOTE記事一覧へもどる
2020年 最新SEO対策 実践セミナー
ページのトップへ