経営改革NOTE (ブログ)

WEBを制するものはビジネスを制す

Pocket
LINEで送る

今の時代、売上を伸ばしたいと考える経営者にとってインターネットによる集客は欠かすことが出来ません。
そう言ってYESとうなずかれる経営者も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ほとんどの経営者は、WEBを会社の販促にしっかりと使いこなせていないのが現状です。
コンサルティングの現場でも、多くの経営者の相談内容でもっとも多いのがこうした「販促方法」についてなのです。

既にホームページは作ってあるのに「問い合わせ」や「申し込み」が少ない。
そういったことにお悩みではないでしょうか。

もちろん、
いろいろと努力し、取り組んでみたが結局うまくいかず、
WEBからの集客を諦めてしまって、既存の広告媒体や営業スタイルを変えられずにいる企業も多いのです。

そうした問題を改善するためには以下の問いについて考えてみる必要があります。

それは、「会社のホームページの利用目的が何か?」ということです。

ホームページの役割には大きく2つあると言われています。

1つ目は、
「信用」としての役割です。
新たに取引を検討している会社が本当に適切で信頼出来る相手かどうかを
確認するためにホームページをチェックするというものです。
多くのホームページはこの「信用」としての役割を担っていると言えます。

2つ目は、
「集客」としての役割です。
検索エンジンやSNSなど様々な媒体を通じてホームページを知り、
そこにあるコンテンツを通じて「問い合わせ」や「購入」といったアクションを狙うというものです。

このどちらが、重要というわけではありませんが、
中小企業の場合は、後者の「集客」としての価値を高めていくことが重要だと考えています。
ホームページが強い集客力を持つということで、あなたの会社は更に強い営業力を手に入れることが出来るのです。

WEBは24時間365日、あなたの会社の魅力を伝えてくれます。そしてお客様(お客様になるかもしれない見込み顧客)
が欲しいと思うタイミングであなたの会社の商品をすすめてくれる最強の営業マンなのです。

そんな最強の自動集客マシーンを手に入れることが出来れば、あなたの会社の業績を飛躍的にアップさせることも可能なのです。

あなたのホームページを「集客」出来るということは、自動でお客様が集まってくるということ=売上があがることなのです。
こうしたノウハウを知っている企業は絶対他社には絶対話しません。

多くの展示会などで成功事例をセミナーなどでお話ししている企業のホームページをチェックすると
必ずと言っていいほど、非常に高いレベルでのWEBマーケティングを実施しています。
しかし、それらはセミナーで語られることはありません。成功の本質は誰しも隠したがるということが
良くわかります。

弊社には営業スタッフは一切いません。販促のほとんどはホームページを通じて問い合わせて頂いたお客様か
既存のお客様からのご紹介のみで行っています。営業経費も営業マンの人件費も一切かからないのです。
むしろ、対応出来ない場合はコンサルティングを丁重にお断りすることも多々あるほどです。

これから、少しずつ秘密の販促ノウハウをお伝えして行きますので、毎回必ずメールマガジンを読んで頂ければ幸いです。

さあ、そうした多くの経営者が気づいていない極秘ノウハウをしっかり学んでいきましょう。次回をお楽しみに。

NOTE記事一覧へもどる
ページのトップへ