経営改革NOTE (ブログ)

「証明」としての顧客事例づくりの重要性|経営改革ノート

Pocket
LINEで送る

 

ホームページでの集客の欠点は、実際に見て、触れて
商品を検討することが出来ないことです。

 

その欠点を補う為の仕掛けがなければ、
効果的なコンバージョンへはつながりません。

 

ホームページのみで購入を促すためには、
その購入が問題ないということを証明する
コンテンツが必要不可欠です。

 

その「証明」として有効なのが、顧客事例をホームページに
掲載することです。

 

しかしながら顧客事例をつくるには、非常に手間と労力が必要になります。

 

顧客事例として御紹介できるようになるためには、
御客様との強い信頼関係がなければ
なりません。
そうした御客様をどれだけつくれるかが、
その商品やサービスの評価なのです。

 

もし、顧客事例として掲載していただける御客様がいないのであれば、
顧客サービスや営業活動のアプローチを見直しが必要かもしれませんね。

 

GICPの顧客事例(URL:http://www.gicp.co.jp/example/consul.html
の制作は、

プロのライターに取材して頂き、プロのカメラマンに写真をとって頂いて
おります。

 

つまり、高い品質の顧客事例をつくる事で、
その企業の商品やサービスを購入することで得られる価値を創造して頂ける
のです。

 

まさに顧客事例は、ホームページのコンテンツの中で、
「売上アップに大きく影響をあたえるクロージングページ」

とも言える存在なのです。

 

 

 

あなたのサイトの顧客事例は、充実していますか?

 

 

 

NOTE記事一覧へもどる
ページのトップへ