経営改革NOTE (ブログ)

事業継承にお悩みならGICPにご相談ください。

Pocket
LINEで送る

年々、中小企業経営において「事業継承」という言葉が、目につくようになりました。

東京商工リサーチの調べによると

 

社長の平均年齢は 60.6歳

 

だそうです。

 

さらに社長の5人に1人が70代以上というのが、日本の中小企業の現実です。

社長の年齢が高齢になればなるほど、業績は落ち込むという傾向があるそうです。

確かに、社長業というのは、

資金繰り、幹部育成、商品開発、営業管理、社内指導

などなど、大企業の社長がやらないようなことまで幅広くおこなうスーパーマンのような
方が多いのです。

とくに今、50代以上の経営者の方は、
昔からバリバリと社長業をやっていた人も多いのです。

そうなると、社長と同じようなスーパーな仕事が出来る次世代の後継者というのは
ほとんどの会社では存在しません。

そうなると、その社長が年々、体力的・気力的に弱くなっていけば
廃業や縮小の危機に陥るのも必然といえます。

 

さらに、自分の子供を跡継ぎにするとしても、
親子の関係の中で、なかなか上手く引継ぎが出来ないということも
中小企業で多く起こるトラブルです。

事業継承は、時間が解決してくれることもありますが、
時間が経てば経つ程、会社の魅力は減少していくので、出来るだけ
早く事業継承に取り組む必要があるわけです。

 

経営者の最後の仕事こそ「事業継承」

 

そう考えて、最後の華を咲かせるために今一度、
経営改革に取り組んでみませんか。

 

 

 

NOTE記事一覧へもどる
ページのトップへ