経営改革NOTE (ブログ)

ホームページは最強の営業マン

Pocket
LINEで送る

「みなさんの会社はホームページありますか?」

そう質問すると今では多くの企業が「あります」と応えるまでになりました。

しかしながら、

 

「みなさんの会社のホームページは稼げていますか?」

 

というと、多くの企業様が「そうでもない」「そもそも稼げると思っていない」

と言ったネガティブなコメントが返ってきます。もちろんホームページは会社の信用を高めることも
一つの目的なのですが、それだけだと勿体ないですよね。

実際にホームページのログを調べてみると分かるのですが、

「会社名」+ ○○

といった固有名の検索ワードが多い企業様は、WEBマーケティングが成功していないかもしれません。

知名度が高い企業ですと、商品名や企業名での検索というのが非常に多くなります。

しかしながら、

中小企業の場合、企業名で検索される数が大きなシェアを占めている場合、単純に会社を知っている人だけが

アクセスしているということになります。

つまり、商品やサービスの「認知」のためにホームページを訪れたわけではなく、

「確認」のためにホームページを見たというわけです。

すでに他の媒体機会を通じて企業を知り、興味を持ち、そしてホームページへ訪れているわけです。

実に勿体ない話だと思いませんか?

 

手前味噌で恐縮ですが、

「中小企業コンサルティング」で検索してみてください。

弊社GIコンサルティングパートナーズが1位に表示されるはずです。

こうしたワードで検索した人というのは、少なくとも中小企業向けのコンサルティングを探している人の

可能性が高いわけです。弊社のHPを観て、気に入って頂ければ問い合わせにつながり、契約に至るのです。

 

弊社の営業マンはホームページなんです。

しかも24時間365日働いてくれる超優秀な営業マンなんです。

みなさんも、ぜひホームページを育ててみてはいかがでしょうか。

NOTE記事一覧へもどる
ページのトップへ