「営業お断り」と書かれた扉をあける勇気 | 中小企業の経営コンサルティングならGICP
経営改革NOTE (ブログ)

「営業お断り」と書かれた扉をあける勇気

Pocket
LINEで送る

営業をしている人なら誰しもが悩み苦しむ飛び込み営業。

 

そんな中で営業としての自分を測る一つの指標が「セールスお断り」と書かれている相手先です。

 

そんな時にどう思うかが実はとっても大事です。

 

 

そんなときに

 

「あぁ。この会社はセールスお断りと書いているから行ってもムダだから訪問するの止めようかな。」

 

こう思っている人は、もう1度会社に帰って研修しなおすか、

 

GICPで営業教育を受講して下さい。

 

 

営業マンというのは

「商品を売りつける輩のことではない」
「見ず知らずの人を騙して、お金を搾取する輩ではない」
「意思の弱い人を見つけて、無理矢理契約書に判子を押させる輩ではない」

 

だとするとなんなのだ。

 

 

営業とは己の心から信頼している商品がまだ見ぬお客様にとって、必ず喜んで頂けると信じ、

それを伝導普及する行為が営業活動なのだ。

 

だとすると

 

 

セールスお断りというのは、

 

営業マンにとってまったく障害にすらならない。

 

だって自分たちはセールスじゃないから。

 

 

お客様のためになることを伝えるために来ているので、欲しくもないような商品を売りつけるような輩

じゃないと心底思えるかどうか。

 

こうした心構えがあるかないか

 

それが営業として最も大切なマインドなのです。

 

 

 

NOTE記事一覧へもどる
赤澤塾
ページのトップへ